*この記事は伺か Advent Calendar 2015の7日目に投稿したものです。

1・この記事について

この記事は伺かユーザでまだゴーストを作った事がない人を対象に
ななっち氏作の「さとりすと」を使ったゴースト作成と、「さとりすと」の簡単な機能解説をします。

ほんのさわり程度の解説ですが、ゴースト作りの最初の一歩の手助けになれば幸いです。

事前準備
里々エディタ「さとりすと」
・どういうゴーストにするかという方向性
・必要であれば使いたいシェル

2・「さとりすと」の起動とゴーストの新規作成

まず、「さとりすと」を起動し、初期設定をします。


図1.とりあえず「次へ」を連打しましょう。

初期設定が終わりましたら、ゴースト作成に移ります。


図2.メニューから新規ゴーストの作成を選びます。


図3.基本設定

「作成する場所」はSSPのゴーストの入っているフォルダを指定します。

「ゴーストフォルダ名」には他のゴーストと被らない名称を入れましょう。
日本語でも大丈夫ですが、ネットワーク更新の際に泣きをみます。

「拡張設定」は今回は弄りませんが、使いたいシェルがある場合は
マスターシェルの項目を使いたいシェルのフォルダを指定して下さい。


図4.テンプレート使用の可否

まったくの初心者の場合はテンプレート辞書を使いましょう。


図5.使用テンプレートの選択

使用するテンプレートが選べますが
今回は「ポストと狛犬とテンプレート」を選択し「作成」ボタンを押します。

3・ゴースト名とキャラ名を変える

次にゴーストに名前をつけてあげましょう。


図6.メニューからゴーストプロパティを選択し開きます。


図7.プロパティ内の基本項目を開きます。

「name」がゴースト名
「sakura.name」がメインキャラクタ名
「kero.name」がサブキャラクタ名

上の図の通り、順番がkero→name→sakuraの順になってますので注意してください。

4・台詞を変更する

ゴーストの命名が終わったら次に台詞を変えてみます。
が、その前に開発が捗るように下準備をしましょう。


図8.メニューからサーフェスビューワを表示させます。


図9.作成したゴーストを起動しておきます。

台詞の書き換えに当たって里々の知識が必要になりますので解説します。
が、ここでは最低限の事しか教えませんので詳しい話は里々Wikiさんなどを参照してください。


図10.初回起動トークを開いたところ

一行目の「:」はメインキャラクター(さくら側)から発言する場合に先頭に必ず付けます。
これを先頭に付けないとサブキャラクター(うにゅう側)からの発言になります。

「:」は台詞を言うキャラクターを切り替える際に使用します。
メインからサブへ、サブからメインへ台詞を切り替えるときには必ず「:」を使います。

(5)や(14)はサーフェス番号となります。

「#」で始まる行はコメント部分となりトークには表示されません。
ちょっとした解説などのメモに使うと良いかもしれません。


図11.かわいい目隠れうさぎメイドてすたさんが増えたところ

メインキャラクターの台詞の時なのにサブキャラクターの表情を選んでしまうと
いわゆる、「分身」という症状になってしまいますので注意しましょう。

いよいよ台詞の書き換えになります。
各辞書の内訳などは実際に見てもらうとして、例として初回起動イベントを書き換えます。


図12.例なので内容の面白さは保証しない

この時に「オプション」の「リストをダブルクリックで〜」を使うと楽になるので活用しましょう。


図13.他の項目についてはさとりすとwikiを参照

5・変更を保存し確認する

ここで先程書いたトークを保存しましょう。
せっかく書いたものが万が一失われたら大変です。こまめな保存を心がけましょう。


図14.これくらいは大丈夫ですね?

次に、書き換えた台詞が実際のゴースト上でどう表示されるか確認します。


図15.ゴーストに送信してみたところ

「さとりすと」上で右クリックメニューを呼び出し、「ゴーストに送信」をクリックします。
そうすると、ゴーストが起動されていれば、その台詞を即座に喋らせることが出来ます。

さて、こんな感じでゴーストを自分好みに調教していきましょう。


図16.マウス反応やランダムトークetcetc...

書き換えるところはまだまだたくさんあります。
色々なところを書き換えていって、自分だけのゴーストにしてみましょう。

6・終わりに

かなり駆け足でしたがご理解いただけたでしょうか?
この解説ページだけではゴーストは完成しません。

本格的にゴーストを作りたい場合は里々Wikiさんに目を通すことを強くオススメします。
「さとりすと」の操作で分からない事はさとりすとwikiを見るか作者のななっち氏に聞いてみましょう。

それでも分からない場合はフォーラムやTwitter等でゴースト製作者に聞いてみるのも良いでしょう。
ただし、自分で調べもせずに質問するのは嫌がられるので最低限、自力で調べてからにしましょう。